そうだったの!?たった5分でお悩み解消!気分を晴れ晴れにする方法

「不安でドキドキが止まらない。」「悩みがあってモヤモヤする。」「悔しくてイライラする。」誰もこんな感情を持ちたくないけど・・・持っちゃう・・・でもやっぱり持ちたくない!ですよね。わかります。実は簡単に「楽、らく~」になれる方法があります。20年培った経験をもとにあなたが「楽、らく~」になるきっかけになればと思います。

職場の悩みを一人で解決するには

職場で働いていると必ず生まれるのが「悩み」ですよね!
職場の上司に相談すると時間がかかるし、恥ずかしいし迷惑かもしれない。
そう考えて一人で悩みを抱えた結果、集中力が落ちてさらに悩みを抱えることになりかねません。

一人で解決できれば無駄に時間をかけないで新しい行動をとることができます。

ここではそんなあなたに悩みの解決の糸口になる考え方をお伝えいたします。

悩みを解決するための糸口。
それは何について悩んでいるかを知ることです。

悩みは大きく五つに分けることができます。

  • 原因についての悩み
  • 現状についての悩み
  • 望ましい状態についての悩み
  • 望ましい状態が達成されたらされに得られることについての悩み
  • 自身の能力や資源についての悩み

一つずつ説明していきます。

原因についての悩みは
「あんなことがあった!」という悩みで過去に考えが引っ張られている状態です。
過去にあった不安やストレスに執着してしまいそれ以外考えられない状態です。

現状についての悩みとは
「こんなことが起きている!」という悩みでまさに今起こっている出来事に対する悩みです。

望ましい状態いついての悩みとは
「こうであってほしいのに、それに到っていない」という未来や理想とのギャップの悩みです。

望ましい状態が達成されたらされに得られることについての悩み
「こうなったら、こうなるはずなのに」という望ましい状態の先にある欲望に対する悩みです。

自身の能力や資源に対する悩みとは
「まだ自分にはできない」という自分に対する悩みです。

悩みを解決する糸口は
まずあなたがこの5つの悩みのうち、どれについて悩んでいるか知ることです。
そしてそれがわかったら、それ以外の4つの視点でその悩みをみていってください。

例えば「原因」について悩んでいるのであれば
それによって「現状」はどうなっているのか?
「望ましい状態」はどんなものだろうか?
「その望ましい状態になったらその先どんなものが得られる」だろうか?
そのために必要な「自身の能力や資源」はなんだろうか?

という具合に考えます。
一つの悩みに考えが引っ張られているときは
どうしてもそれ以外のことを考えられなくなります。

職場で失敗してしまった!という場合も
責任が重ければ重いほど自分を責めてしまいます。

そんな「現状」に考えが引っ張られ不安を抱えて悩んでしまう場合は
何が原因だったか?(原因)
どんな状態が理想なのか?(望ましい状態)
その理想状態の先に何があるのか?(望ましい状態のその先)
どんな能力が必要なのか?(自身の能力)

こういった他の視点からの問いが有効です。
そしてそれらの問いに応えられたら

「まず最初の一歩としてあなたは何を行動するか?」

これを考えて、実行していってください。
悩みは行動することで解決できるからです。
自分が行動しても解決できないことで悩んでいても時間の無駄です。

例えば 

「業界全体の売上が低迷してる~」
「社長の方針は絶対間違っている!」
「同期のあいつはサボってばかりいる!」

こういったことに不安を感じて悩んでいるのであれば
業界全体を動かせたり、社長直属の部下であれば多少コントロールはつくかもしれませんが
これは自分ではコントロールできない悩みかもしれません。

「同期のあいつ」についても、サボるのを続けるか止めるかの判断するのは
「同期のあいつ」以外なにものでもありません。
あなたが声をかけることはできますが、それによってどう変わるかは
あなたがコントロールすることはできないのです。

まとめると

①自分の悩みを
「原因」
「現状」
「望ましい状態」
「望ましい状態のその先」
「自身の能力・資源」
この5つの視点で見直す

②解決にむけて最初の一歩として何を行動するか決める

この二つを行うことで悩みを解決する糸口を見つけ
行動することで悩みを解決することができます。


スポンサーサイト



「自信がなくて人と話せない」そんな時に効果抜群

周りの人が楽しそうに会話しているけど、なんだか会話に入っていけない・・・
なんとか会話に入ろうと言葉を発してはみたものの、反応なく流れてしまう・・・

そのうち人と話すのが嫌になって
周りの会話にも興味を失っていく

そんなことを続けるうちに、だんだんそれが習慣になり
会話に入らない自分の事を否定して自信を減らしていったり
逆に周りの会話を内心、小馬鹿にして自分の正当性を保ったりするようになる。

そしていつの間にか、周りの人と自分は違うと思い込み
尚更しゃべることをしなくなっていく。

でも本当は自分を表現して理解してほしい!
私のことをわかって欲しい!

そんな気持ちはどんどん重みを増すばかり。

自分を表現する手段を取り返して
自分を否定したり、周りを批判したるすることなく
自分の思ったことを気持ちよく伝えられるようになる方法があります。

それは「声を意識して話す」ことです。

実は先に説明したような状況で話せなくなっていく原因は
自分がどう見られているかを過剰に意識してしまうからです。

ここで思ったことを言ってしまうと
変わった人に思われてします。馬鹿なやつだと思われてしまう。

そう考えてしまう人がよく
会話に入っていけなくなったり、主張をできなくなったりします。

自分がどうみられるかを第一に優先して考えてしまう癖なので
これを修正していきます。

自分は声をどう伝えるかを意識して話すのです。

鼻に響かせて通る声や、低く重みのある声、
ゆったりと落ち着きのある速さで、ちょっとひょうきんに高めの声で
といった具合に自分のおもう良い声を発することを心掛けて話してください。

もちろん人に届けるわけですから、伝わる声量を発しましょう。

人に伝わる声の出し方として
あくびをするときの喉奥が開いた状態を意識して話すと良いです。

試しにあくびをしてみてください。

喉奥が開く感覚がわかると思います。

この喉奥が開いた感覚を意識して話すのです。

もし、不安があればスマホなどで自身の声を録音して
自分なりにベストな声を探してみるのも良いです。

そして実際にその声で話すことをしてください。
始めは口数が少なくても構いません。

どんな風に発声するかに意識を集中させてください。
そして相手に言葉を投げかけていくようなイメージを持ってください。

こうすることで自分の発声方法に意識が向き
相手に言葉が伝わっているか、言葉がぶつかっていってるかを気にするようになります。

朝礼でおどおどしてしまったり
会議で頭が真っ白になってしまうときにも効果があります。

一度自分の声に向き合ってみてください。
簡単すぎて驚かれると思いますが、やってみるとわかります。
これをするだけで、話しやすさが格段に上がってきます。

これが大事!読書を無駄にしない方法

やりたいことがあったり、
もっとあんな風になりたいと思って
本を読んだりしますよね。

これって実はとてもすごい一歩だと思います。
望む姿をなんとなく思い描いていても、
それを実現しようと行動を起こす人ってとても少ないんです。

いつか運よく、望みが叶うような機会、チャンスがやってくるって思ってる人
・・・めちゃくちゃいます。

あと、やってもどうせ無駄と考える人・・・多いですね。

でも、少なくともこの記事をご覧になられている方は

「実現しようと行動した!」

これは自信を持ってくださいね。

ではここから本題です。

望ましい状態を得ようと本を読むわけですが、
なかなか現実が望ましい状態になってこない。

そして焦ってもっと本を読みます。
本に夢中になっている間は気が休まるのですが
読み終えて次の日仕事をしていると、ふと思うんです。

「あれ?昨日読んだ本の内容ってなんだっけ?」

またまた不安になり、家に帰って本を読みなおすものに

「ふむふむ、そうだったよなー。そういえば巻末に書いてあるこのおススメの本も気になるな~」

と次の本、次の本と渡り歩くわけです。(渡り読む?)

そして一年経ち、変わらない現実を迎えます。

これ、何を隠そう私自身のお話でした。
本当に本はいっぱい読むのですが現実が全く変わらないもどかしさ。
人が話しているのを聞いて「そうそう、知ってる知ってる~」とは思うのですが
やっぱり現実は変わらない。

そんな具合に数年経ってようやくわかったことがあります。
これをすることで変化のない毎日から抜け出し、
望む状態へ進んでいくことができるようになりました。

その方法は単純でした。そしてその方法も本で読んで知っていました。

「知る」と「できる」の間には壁があるということです。

実は「知る」のあとに「やってみる」という壁があります。
ここはなんとなくお分かりいただけると思います。
ダイエット本読んで実際にトレーニングをやってみる。ということです。

そして「やってみる」と「できる」の間に「わかる」という壁があります。
やってみた結果、うまくできないとか、成果がでない、
はたまた、うまくできたとか、成果がでた!という体験が必要です。

ここが非常に大切です。本を読んだ知識を身につけるために重要なポイントです。
ここがないと読んだ知識は頭を素通りして、体内に残りません。
頭にある知識を行動して、失敗したり成功したりしてやっと
知識が体に宿ってくるのです。これ何度もいいますが本当に重要です。

「そーなんだ!」どころではありません!!もっと大事です。

そして本を読んだ知識で現実を変えたいのであれば
その知識を行動にして、3か月は繰り返して行動する覚悟が必要です。
少しづつでもどうすれば成功でどうやったら失敗するのかを「わかって」いくのです。

そうすると初めて、「できる」状態になります。

読んだ本によっては行動ではなく考え方を教えてくれるかもしれません。
そんな時でも考え方を実行していってください。
「こんな時はこう考えるっていってたから、そう考えてみよう・・・むむむ」
といった具合です。仲間が話しているのを聞いて
「そうそう、その考え方しってるよ」ではないのです。

「知っている」と「できる」には天と地ほどの差があります。
そして「できる」状態になり、それを継続していると「習慣」になります。
そうなるとその行動をするのに全く力をつかわなくてすみます。
赤ん坊の頃は歩くのに相当な苦労をしていましたが、今は何の苦労もなく歩けますよね?
そしてそのレベルになるといとも簡単に人にやり方を伝えることができるようになるのです。

本を読んで知った知識を人に話すという行動でも構いません。
本を読んだら行動に変えて、行動を繰り返すことが大事です。

行動しなければ本を読み終えた瞬間から知識は流れ出ていってしまいます。

そしてこの行動を継続すること。これを大切にしていってください。
応援しております。
































目標が役職や収入になってしまう・・・そんな時はこの方法!達成できる目標づくり!!

目標を立てたんだけど、なんかしっくりこない・・・
何をすればいいかわからない・・・

そんなことありませんか?

会社勤めをしていると目標を立てるといっても

「給料を上げたい!」とか

「店長になる!」とかになりがちです。

これ自体悪いことではありません。しかし
会社員の場合は給料を上げたり、昇進を決めるのは本人ではなく、上司や人事担当です。
他人が決めたり、行動することは自分の意思で決めることはできません。
自分の意思で変えることができるのは自分の行動だけです。

「目標は行動レベルに落とし込んでいく!」多くの著書にかかれているように
目標の成果を得る為にどう行動するかを考えていく必要があります。

例えば

「営業回りを一日5件にする」とか

「上司に企画を提案する」といった具合です。

でも、なぜかできない・・・・

とてもよく分かります。そうなんです。多くの著書に書かれているように
行動レベルに落とし込んでも達成できないこといっぱいあるんです。

私もずっとこの状態でした。でもある方法に出会いこの悩みから抜け出し
目標に向けて行動していくことができるようになりました。

目標にむけての抵抗なく楽しんで行動することができて
行動をとる前に面倒だな~という葛藤も大分少なくなりました。

その方法は「さらに行動の理由を掘り下げる」ことです。

行動を掘り下げることとは

まず、その行動を取るために必要な能力を見つけること。

そしてさらに、その能力を得ようとする自分の力の源はなんなのか?
自分が大切にしている価値観はなんなのか?を見つけることです。

これは 人の在り方を5つの階層で表したニューロ・ロジカルレベルを参考にしています。
ニューロ・ロジカルレベルには環境・行動・能力・価値観・自己認識 という
5つのレベルがあります。

長期的な目標をつくるときにはこの5つ全てのレベルを使うとよいのですが
まずは環境・行動・能力・価値観をつかって達成できる目標作りに慣れていきましょう。

それぞれについて説明を参考にしながら目標をたてていきましょう。

環境というのは目の前にある現実です。
冒頭にあった「給料を上げる!」「店長になる!」というのもこれに当たります。

行動というのは環境をつくっている行動のことです。
先ほどの「営業廻り」や「企画を提案」という行動のことです。

では「能力」は何かというと
「営業廻り」には「スケジューリング」する能力が必要かもしれませんし
「企画を提案」するには「マーケティング」などの知識が必要かもしれません。
その行動をするために必要な「スケジューリング」や「マーケティング」といった
能力や知識のことです。

お気づきの方もいらっしゃると思います。ひょっとしたら最初にあげた行動ではなく
能力や知識を磨くための行動に目標を変える必要がここででてくる可能性もあります。

そして次が「価値観」です。
これは能力を得るための動機になっているあなたが大切にしている価値観です。
スケジューリング能力を上げて営業廻りをして売上を伸ばして評価をされて
給料UPという成果を得たいのは、あなたがどんな価値観を持っているからでしょう?

給料を得て「安心」とか「安らぎ」を得たいのかもしれません
もしくは家族からの「愛情」かもしれませんし
給料を指標にして「挑戦」を大切にしているのかもしれません。

うまく価値観がでてこな場合は、自分のなかから出てきた大切にしているものに対して
「それを得てさらに何を得ようとしているか?」という問いを重ねていってください。
自分でも気づかなかった思わぬ価値観をみつけることができるかもしれません。

例えば 「お金」「それを得てさらに何を得ようとしているか?」→「力」
    「力」「それを得てさらに何を得ようとしているか?」 →「自由」
    最初に思いついたのは「お金」かもしれませんが「自由」が価値観かもしれません。

そして価値観が見つかったら先ほどみつけた
能力、行動、環境を見直してください。

ひょっとしたら、その目標自体が大切ではないことに気付いたり
環境や行動、必要な能力を変える必要があるかもしれません。

家族からの「愛情」を大切にしたい価値観をみつけたなら
それを大切にするためにとる行動は「仕事が終わったら直帰する」かもしれません。
自分に対する「挑戦」であれば果たして手にする環境は「給料UP」でしょうか?

目標に対して 環境、行動、能力、価値観を統合させるように
擦り合わせていくことが大切です。

価値観 愛情
能力 業務効率化
行動 毎朝のスケジューリングと定時退社
環境 家族と一緒に夕食

目標をたてるときは 環境、行動、能力、価値観 を考えて
矛盾なく統合されたものをつくってください。

こんな目標をたてれば楽に、抵抗なく行動できそうなのがわかると思います。
望ましい姿を手に入れられるよう応援しております。

自信がない自分を変えて望みを叶える方法

会社に勤めているとこんな愚痴を聞くことがあります。

「あの時上司が○○だったから、昇進のチャンスを逃したんだよ。」
「業界がもう成長してないから、どうせ無理だよ。」
「こんな会社だから、俺の価値を分かってくれないんだよ。」

聞いている側も気持ちが落ちてきちゃいます。
もし、あなたがこんな言葉を発しているようでしたら即やめましょう。
こんな発言は自分の可能性を奪ってしまうからです。

これらの発言には「自分には何もできない」「無力だ」
「世の中は変えられない」という否定的な考えが潜んでいます。
私以外の何かが原因で今の状況があると考えているからです。

生きていると予期せぬ様々な事態が起きますが
それに対してどう反応するかは自分自身で決めることができます。

例えば、待ち合わせがあったので電車で向かったけど
車両点検のトラブルがあって電車が遅れて約束の時間に間に合わなかったとします。

遅刻の原因は電車の車両点検のせいでしょうか。
そう考えてしまうと、あなたはこの原因に対して抵抗することができません。
電車のトラブルがあれば、その後も遅刻をする結果を招いてしまいます。

そしていつか「あの時、電車が遅れなければ商談は成立して俺は昇進しているはずだった!」
なんて居酒屋で愚痴をこぼすような、できない上司になっているかもしれません。

もうお分かりかと思います。
この時の原因は自分自身にあると考えることが大切です。
電車が遅れることもある事を踏まえ、その分早く出発しなかった自分の判断ミスです。

そう考えることができると、その後の行動は変えることができます。

自分以外に原因を求めてしまうと自分が何をするべきかという発想は生まれません。
自分に原因をおくことができたときに、初めて自分が何をすべきだったかが見えてきます。

現在、目の前にある環境はどうでしょうか?

これも今まで自分自身がとってきた判断の結果です。
これを受け入れることが重要です。

もし中古の汚い車に乗っていても
両親の介護で時間がなくても
友達に裏切られたとしてもです。

これを受け入れることができて初めて
自分には現実を変えていく力があることに気付くことができます。

そしてこれから起こる事態にどう対応していけば
望む未来を手に入れられるかが見えてきます。

でもそんな判断や、対応が自分にできるだろうか?
そう不安になる気持ちはとてもわかります。
今まで自分の責任と捉えていなかったことを自分の責任にして
判断や行動を変えていくのは最初はすごく苦労します。

でも大丈夫です。慣れてないだけです。
慣れるまでの辛抱です。

ただ慣れるのを早くする良い方法があります。

それは、自分が望ましいと思う判断や行動をしている自分を
毎日3か月にわたってイメージすることです。

最初は1日5分で構いません。

やり方は簡単です。

集中できる空間にいってください

目を閉じます。

ふぅ~っと息を吐き切ります。

そして鼻から息を7秒かけて深く吸い込みます。

そのまま4秒呼吸をとめます。

そして7秒かけて息を吐きだします。口でも鼻からでも構いません。

余計なことは考えずに呼吸に集中してください。

集中できる状態になったら

自分が望ましいと思う判断や行動をしている自分をイメージしてください。
そして望ましい結果を手にいれている状態をイメージしてください。

周りには何が見えているか
何が聞こえているか
どんな感覚があるか
そして自分はどんな気持ちでいるか

成功してワクワクしている嬉しい気持ちを
たっぷり味わいながらイメージしてください。

例えば
「上司が話を聞いてくれないから、俺の企画が通らなくて営業上がらないんだ!」
と思っていたとします。上司が聞いてくれないのは自分の責任として受け入れて
「上司の興味を引くような伝え方をしてみては。」と企画を通して営業を上げる為に
自分の行動を変えようと考えを改めます。

そして実際にその行動をとりますが、最初はなかなか相手に伝わらないし
そもそも、そんな自分を自分自身知らないので本当にできるかと不安になると思います。

そういう時は、望ましい行動をとっている自分を毎日イメージすることで
成長が急加速します。脳は実際の経験とイメージを区別できないので
イメージすることは実践と同じ効果があります。

そして成功しているイメージは自分の潜在意識を書き換えます。
自分には無理、できないという今までのセルフイメージを少しずつ変えていきます。
続けるうちに「自分にはできる。」「できてない今がおかしい。」「できて当然。」
という具合に潜在意識が書き換わっていくのを実感するはずです。

イメージはこんな感じになるでしょうか。

机に座っている上司に企画について説明をしています。
上司が企画に期待を持てるよう、この企画で得られる成果を伝えています。
言いくるめてやろうという気持ちではなく、この先の成功を踏まえたワクワクした気持ちです。
とても丁寧に優しい口調で、上司の反応を見ながら説明をしています。
時折、上司からの質問も挟みながら説明を終えると「良い企画だな!やってみよう」
目を輝かせた上司から返事をもらいます。
そして企画実行に向けてこれからの計画に胸を躍らせています。

5分から始めた瞑想もこの頃には20分以上になっているかもしれません。
望みやありたい姿をイメージすることは非常に強力な推進力になって
成功を早い段階で手にし、自信のない自分から脱却することができます。

自信がない自分を変える方法は

現状は今までの自分の行動の結果だと受け入れる。
そして結果は自分の行動で変えられること理解する。
そして望ましい行動をしている自分を毎日イメージすること。

早くて3週間、遅くとも3か月経つ頃には現実が望みどおりに変わります。
成功の種は全てあなたの中にあります。
今初めると、望みを叶えた状態で春を迎えることができます。